Digital Guardian

世界で最も活用されている情報漏洩対策プラットフォームです

データに関わる全てのイベント(コピー、移動、修正、削除など)を監視

デジタルガーディアンは、エンドポイント型情報漏洩対策ソフトウェアです。PCやサーバなどのエンドポイントにエージェントをインストールし、データに関わるあらゆるイベント(コピー、移動、修正、削除など)を監視し、管理コンソールで可視化します。さらに、ポリシーによりエンドポイントごとのイベントを管理し、USBメモリ、プリンタなどのデバイスを制御します。

デジタルガーディアンの特徴

機密データは、従業員が使っているパソコンなどのエンドポイントに存在しています。デジタルガーディアンは、エンドポイントにエージェントを搭載し、データに関わるあらゆるアクティビティやプロセスを把握し、そのリスクを可視化します。エンドポイントのイベントやプロセスを可視化し、ユーザのアクティビティを制御することにより、機密データの外部への漏洩を確実にブロックします。これが次世代データ・プロテクション・プラットフォーム「デジタルガーディアン」の特徴です。

デジタルガーディアンは、テータを保護するために、あらゆる手段を提供します。

内部不正と外部攻撃に対し、一つのエージェントで対応

  • ・情報漏洩に対しては、内部不正と外部からの攻撃の両面で対策を提供。
  • ・DGは、内部不正と外部からの攻撃の両方の脅威に対し、一つのエージェントで対応
  • ・エージェントは、カーネルレベルでプロセスの検知、マルウェアの怪しい挙動を制御

デジタルガーディアンは、テータを保護するための理想的なプラットフォームを提供

データの移動を全て管理

データをタグ付けして分類し、コンテンツのみならず、データがどから来てどこに送られるかといったコンテキストの保護までに着目した、データ・セントリクス&コンテキスト・アウェアネス。
機密データに合致するデータを識別し、タグを付与します。一度タグが付与されると、その後の派生データ、暗号化データにもタグは引き継がれます。

マネジメントコンソールによるエンドポイントの管理

・すべてのエンドポイントを一つのマネジメントコンソール(DGMC)で管理
・DGMCでポリシーを作成し、エンドポイントに強制適用。DGMCを通じ、「今エンドポイントで何が起こっているのか」を把握
・会社全体、部署単位での傾向分析、特定期間の個人の活動分析のためのダッシュボード機能

デジタルガーディアンは、あらゆるテータの情報を一元管理します。

無料で漏洩リスクの診断を実施します!

 漏洩リスクの診断は、ユーザー(PCの利用者)がデータに対して行う操作(コピー、メール送信等)をモニタリングすることによって、重要データが晒されているリスクを可視化します。診断を通して、実際にユーザーは日々どのようにデータを取り扱っているのかを正確に把握することができ、既存のセキュリティ上のコントロールの有効性を評価することができます。

 ユーザーがデーターに対して行う操作情報の収集は、Digital GuardianをユーザーのPCにインストールして行います。

数週間のデータを取得して漏洩に対するリスク診断結果を報告書としてご提出致します。

ご希望のお客様は下記お問合せ下さい。